これからの暮らし

30代主婦。夫、幼児との3人暮らし。すっきりと、穏やかに毎日を送るべく、暮らしを細々と調整中。

ハマれない編み物。親の言葉が刺さる。

夜泣きで目覚めた深夜。

目も覚めてしまい、なんとなく浮かんで離れないモヤモヤを書きます。

スマホ見ないで早く寝ようよ自分。



私の母は編み物が得意な人で、私が小さい頃は働きながらもセーターを編んでくれていたし、今でも私の娘にワンピースやベストなど色々編んで送ってくれます。


時間はかかりますが次々と作品を完成させていく姿を見て、私にもできるのではと思い上がり過去何度か試してみましたが、上達しないどころかまともに作れた試しがありません。


母には、「(私の)姉はそういうことができるけど、あなたは全く才能がないよね」と言われて、事実だけどカチンとしたりもしています。


現在専業主婦真っ最中で、今度こそはと気合を入れて、手芸屋さんで相談しながら毛糸を買ったりしました。

少し編み進めて、今までで一番順調?(編み図がよくわからず多分その通りに編めてないけど、穴などは空いてないという低いレベル)に編めてきていたのですが、ここ1ヶ月ほぼ触っていません。

楽しくないんです。

私にとっては本当に「編み物ができるためにこなす作業」という感じ。


娘用にとアンパンマンの指人形を縫ってる方が断然楽しかったです。

あとジャンルは全然違うけど、読書は楽しいな。疲れててもできる。


「編み物ができるお母さん」とか憧れたりするけど、楽しくないと続かないよなぁ、買った方が安いのは確実だろうし、とかつまらないこと考えたりする始末。

教室とか通って一回でもまともに編めれば、楽しさがわかったりするのかもしれないけど。


結局は母に言われ続けている言葉に対して、ムキになってできるようになろうとしているだけなのかも。

編むのが楽しい、達成感があるとかではなく、「編み物ができる人になりたい」だけなのかも。


自分のこどもには楽しいと思うことをやって欲しいと思うのに、自分がまず実践できていない。親の言葉にいつまでもこだわり続けている、小さい人間だなぁとおもった次第でした。


多分今回の編み物も途中頓挫でしょう。

楽しめることを続けていこうかな。