これからの暮らし

30代主婦。夫、幼児との3人暮らし。すっきりと、穏やかに毎日を送るべく、暮らしを細々と調整中。

DVD『めぐりあう時間たち』

過去に購入した数少ないDVDの中の1つ、『めぐりあう時間たち』を、五日間くらいに分けて見ました。

めぐりあう時間たち [DVD]


小分けにせざるを得なかったのは、早朝、子どもの昼寝の間などを使って見ていたから。起きたら終了です。


さて、一番初めに見たのがおそらく10年ほど前。それから20回以上は見ています。

最初は、なんかよくわからないけど忙しい映画だな、と。

それからなんとなく気になり、数年はレンタルで見ていました。

結局年一回は見るので、これなら買ったほうが良いのではと気づき、ようやく購入。

手に入ったら見なくなったりするのかな、と思いきや、何度も見返しています。


細かいことはわかりませんが、全体として映像が綺麗で、静かだけど激しい展開に見入ってしまいます。

また、見るたびに新しい発見があるというか、理解が深まるというか、その時の自分の置かれている環境によっても感じ方が違うこともあり(どの映画でもそうかもしれませんが)、見飽きません。


私は特に、主婦であるローラの言いようのない悩みや不安が、こんな風にジワジワ伝わるように表現されているのが凄いなと。

またバージニアウルフと夫の駅での会話の場面も、2人の演技に吸い込まれます。

全体的に「上手くいかない感」の表し方が面白いなと思います。


映画を見ること自体少ないので、観点が浅はかでずれているかもしれませんが、今後も見続けていきます。