これからの暮らし

30代主婦。夫、幼児との3人暮らし。すっきりと、穏やかに毎日を送るべく、暮らしを細々と調整中。

生活の変化④金銭感覚

結婚後よりも出産後からの変化ですね。その生活と比較し、金銭面で変わったことです。


①使えるお金が減った

②貯蓄の必要性が増した(お金をかけるところが変わった)

③家計簿を真剣につけるようになった


①使えるお金が減った

結婚して少しの間までは私も働いていたので、お金を使うのも貯めるのも2人稼ぎのお財布からだったので、あまり意識せず使っていても比較的容易に貯められていました。

が、退職して妊娠・出産を経ての1人稼ぎになり、経過はやむをえないものだったとしても、実際使えるお金は半分以下に減りました。

収入も減りましたし、2人だけの生活よりも必要なものが増えました。

もともとお金のかかる趣味は無く、貧乏性でもあるので、豪遊していたわけではないのですが、使う必要がないから使わないのと、使わない方がいいから使わないのとは大きく違いますね。


②貯蓄の必要性が増した

子どもが産まれて、真剣に将来への備えについて考えるようになりました(遅い)。

進学や就職、その後の老後、もしもの時に備えるべき金額を調べては愕然としていましたが、現実ですね。

また、今までよりも体の管理にお金をかけるようになりました。妊娠を機に自分の身体と向き合うようになり、日々のメンテナンスや悪くなる前に対処することの重要さを痛感しています。

特に今、周りに親など頼る親族がいない状況で私が倒れると、育児的にとても大変なことになるので、以前よりも各種検診の受診や日々の風邪などの予防を心がけるようになりました。

何度も述べていますが、これまでがだらしなさすぎたんですね。


③家計簿を真剣につけるようになった

①、②(特に貯蓄)の変化によって、家計を破綻させないように管理する必要が出てきました。

これまでのように、今月(今年)は使いすぎちゃったなぁ^^;貯金できないや。。ではすまされないなぁと。

今年度初めからある本を参考に、年間予算と月次予算を立てて家計管理を始めています。

が、思っていたよりも予算内で生活するのが厳しく、予算立ての甘さを感じています。

家計も生活レベルも見直しをして、切り詰めすぎずに生活できるような家計管理をしていきたいです。