これからの暮らし

30代主婦。夫、幼児との3人暮らし。すっきりと、穏やかに毎日を送るべく、暮らしを細々と調整中。

生活の変化①衣

生活の変化、まずは衣食住の衣から。


減りました。とにかく減らしました。


数えてみたら、

*トップス

半袖8 

ワイシャツ2 

長袖3 

カーディガン4


*ボトムス

スカート5

パンツ3

ワンピース1(結婚式など用)


*アウター

ジャケット2 

トレンチコート1 

パーカー1


*家着・パジャマ

サマードレス3 レギンス2

ズボン3 長袖1 カーディガン3


*その他

礼服1

バッグ6(冠婚葬祭用含む)

ベルト2

水着1セット(子どもスイミング付き添い用)


*靴

パンプス4 スニーカー2


以上、でした。一般的に多いのか少ないのかはわかりませんが、最も多かった時に比べて、1/4以下にはなったと思います(重さや数などを計測したわけではないですが、収納スペースが1/4以下になったので)。


二回目の引っ越しとその後一年でだいぶ物を減らしたんですが、服は完全に自分の判断で処分できるので取り掛かりやすく、早々に少なくなりましたね。

そして一度処分しだすと、さらに減っていく不思議。


なぜ服を減らしたのか。私的な理由は以下の3点です。

①組み合わせを考えるのが面倒臭い

②育児中、着やすい服メインで着るようになった

③管理、掃除の手間を省きたい


組み合わせを考えるのが面倒臭い

育児で忙しなく、落ち着いて組み合わせを考える時間を取りにくいのはあるとしても、それ以前に面倒くさくなったんですね。組み合わせを考えるのも、一旦外出して「あ、やっぱりこの組合せ変かも…」とか思うのも。

なので、組み合わせをある程度固定する、もしくは何と組み合わせてもそこそこまとまる(自分が着てて違和感がない)ようにしたんです。

楽です。

そうすると、その服たちの中でもそぐわないものが自ずと見えてきて、処分対象になったりします。そういえばこの服、単体で見ると素敵だけども、自然と着ないことが多かったな、なんてことにも気づいたりします。

そういう服は、素敵だけど自分には着こなせないのでしょうかね。


育児中、着やすい服メインで着るようになった

育児の中で過ごしやすい服は、1人で暮らしていた時とは違ってきました。

動きやすい、洗濯しやすい、肌触りがいい、静電気が起きにくい。。

それ以外の服はやはり着なくなりますし、一度このような特徴の服を着慣れてしまうと、以前の服は今後もあまり着ないだろうなと思い、だいぶ処分しました。

汗吸収のあまり良くないテロテロ素材のものや、人と触れた時にバチバチするものはね…。今までの服選びに問題があっただけじゃないかという気もしますが。


管理、掃除の手間を省きたい

どんな服があるか思い出すことも億劫ですし(産後だからか無職になったからか加齢のせいかわかりませんが、記憶力がどどどっと落ちました)、新しい服を買った時に収納場所に苦心するのも面倒、押入れを占拠する衣装ケースの隙間のほこりをとる手間も省ければ省きたいのです。


面倒くさがりすぎですね。


そして、服を減らし続けて変わったことも3点。

①計画を立てて買うようになった

組み合わせを考えて必要な服を検討したり、服が少なくなったことでひとつひとつの服に気が向けられるようになり、「あのコート古くなったから新調(お直し)しよう」など前もって思えるようになりました。

消耗品も今季は何枚必要、など計画を立てることで家計の管理もしやすくなっています。


②以前よりも買うときの迷い、謎の罪悪感が減った

必要かどうか、お店で単体で見ると素敵だけど家にある服との組み合わせはどうか、お店でその場で考えて、選ぶのにすごく時間がかかってたんです。

服の数を減らしてから、必要なものが家にいる段階で自ずと見えてくるようになり、迷いが減りました。目的を持って洋服屋さんへ行くという感じです(夫に子どもを見てもらったりして時間があるときは、ブラブラ見たりもしますが)。

そして予定外に自分的には高額なものを買った時などに発生していた謎の罪悪感のような感情がなくなりました。必要なものを買えた、良かった。みたいな感覚が多いです。


③買い物に満足するようになった

計画立てて買うのでそれはそうですかね。

そして自分的に予算内で収まったときの達成感がすごいです。夫に言っても伝わりませんが…。


被服費の変化についてですが、純粋に比較するにはデータが足りないのでなんとも言えません。

ただ、買ったのに気に入らなくて着ない服などがなくなったので、費用対効果?は高くなったんじゃないかなーと思ったり。


現状を見ると、部屋着、パンプス、スカートが過剰気味かなと。ベルトもほぼ使わなくなりました。

バッグも日常使っているのはリュックひとつくらいなのですが、1人でお出かけする時など用の小さめの、育児にはおおよそ不向きな数点のバッグは、おそらく手放せなさそうです。いわゆるお気に入りですね。


これからも、自分の持ち服の適正数を逐次見直ししていけたらと思います。